映画『逆転裁判』

2012年公開のこの映画は流血とギャンブルを融合している。

今すぐお気に入りのチームに賭け始めましょう!

アジアンハンディキャップとは?

インドネシアで生まれた賭けの方法。試合の結果に対して、どちらかのチームにハンディキャップをつけます。

フルライン

試合結果に賭ける、ベッティングオプション。通常、前半後に行う。

もっと知る

ハーフライン

前半終了までに試合結果に賭けることができる、もう一つのゲーム中のベッティングオプション。

もっと知る

クォーターライン

すべてのゲームには、ベータからお金を獲得できる重要な転機となるクオーターボイントインターバルがある。

お問い合わせ

アジアンハンディキャップの説明

引き分けが排除されているので、勝ちか負けかに賭けます。非常に簡単な賭けの方法なため、初心者に人気があります。

アジアンハンディキャップ市場はどのようにして生まれたのですか?

アジアンハンディキャップは2000年から人気となった。実力差の大きい対戦チームのサッカーの試合に使われる。

ブログからの最新投稿

アジアンハンディキャップ・ベッティングとは?

名前から想像がつきにくいとは思いますが、アジアンハンディキャップとは、サッカーにおけるベッティング方法のひとつで、有利なチームは複数点差をつけて勝たなければならないというハンデが設けられます。このシステムは理解しにくい部分もあると思いますので、記事をじっくり読み返して理解を深めてみてください。このベッティング方法はインドネシア発祥で、21世紀初頭に人気を集めました。これは優れたスプレッドベッティングのひとつです。通常、ハンデは1/4点から数点分となります。   アジアンハンディキャップの最も大きな特徴は、引き分けを無くすことで結果の可能性を3から2に減らすという点にあります。この単純化により、ベッティングの勝率は50%となります。ギャンブルにおいて、この数字は驚異的です。カジノでは50%の勝率などありえません。カジノで勝率50%のゲームがあったら常に大盛況で、プレイすること自体が難しいでしょう。また、そんなゲームがあったらカジノが数十億ドル産業になることもないはずです。   勝利にベットし   アジアンハンディキャップは、実際のところブックメーカーにとってプラスとマイナスの要素を持っています。一方では、両チームに対するベッティングのバランスが取れるため、リスクを最小限に抑えられます。そのため、注目試合などでは大きな利益が期待できます。他方、マージンが非常に低いため、総合的な利益はあまり大きくありません。   「アジアンハンディキャップ」という言葉は、1998年11月にジャーナリストのジョン・スミスによって考案されました。 元々このベッティングシステムはアジアのブックメーカーの間で「ハン・チェン・ベッティング」と呼ばれており、これをインドネシアのブックメーカーから翻訳してほしいと依頼されたスミスがこの名前を付けたのです。 サッカーは、引き分けが起こりやすい数少ないスポーツのひとつです。その他様々な固定オッズにより、引き分けは結果のひとつとして扱われます。言い換えれば、プレイヤーがどちらかの勝利にベットしていた場合、引き分けは負け扱いになるということです。   アジアンハンディキャップは、大きな戦力差のあるチーム同士の試合において、試合開始前にハンデを付けることで公平なベッティング環境を作り出す明快なシステムです。 スポーツベット以外にもオンラインギャンブルに興味がある方は、インターカジノオンラインカジノなどに登録することをおすすめします。